Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.136 CBCイベント

[2012-11-19]

 11月17日(土)にカラーズ・ビジネス・カレッジ(CBC)のイベントが2部構成で行われました。まず、午後に神田のCBCで私が講師となりキャリアについてのワークショップを開催しました。約70名が参加し、満席状態!
 1時間ほど私のこれまでのキャリアについて話をしました。私の経験がどこまで参考になるかは分かりませんが、「OGPR」の大切さを強調しました。
 OとはObjective(目的)、GはGoal(具体的目標)、PとはPriority(優先順位)、そしてRとはResource Allocation(資源配分)のこと。成功するキャリアを歩むためには、その目的、目標を明確にし、優先順位を定め、その優先順位に沿って時間、お金などの限られたリソースを傾斜配分させなければなりません。
 言われれば当たり前のことですが、この「OGPR」に一貫性がある人だけが、成功するキャリアを手に入れることができると私は信じています。そもそもキャリアの目的や目標が曖昧だったり、優先順位が定まっていなかったり、優先順位とは異なる時間やお金の使い方をしていたのでは、自分が望むキャリアを歩めるはずもありません。
 その後、事前にキャリアについての質問をくれた7人の参加者に前に出てきてもらい、私とやりとりをしながら、それぞれのキャリアの方向性について語ってもらいました。他の人たちのキャリア上の悩みなどを聞き、自分に置き換えて考えてみるチャンスになったのではないかと思っています。

 そして、夕方からは場所を六本木に移し、今回のイベントの超目玉、人気ジャズボーカリスト・マリーンのライブを堪能しました。名門ライブハウス・サテンドールを貸し切ってのマリーン単独ライブ!すごい企画です。
 CBCの受講生たちを中心に、早稲田ビジネススクールの私のゼミ生、お世話になっている出版社の皆さんや友人たちなど、なんと90名もの人が参加してくれました。
 CBCを運営するカラーズ社長の高田裕子さんは、マリーンの熱烈ファン!「CBCでマリーンライブをやりたい!」という彼女の念願がこの日実現しました。
 2度のアンコールも加え、全9曲。誰もが知っているポップな曲から、マリーンならではのバラードまでアッと言う間の1時間15分。マリーンを知っている人も、知らない人もアドレナリン出まくりで、途中からは総立ち状態。いや~、すごい盛り上がりでした。
 ライブ終了後はマリーンとの記念撮影に長蛇の列。いつのまにか、私はマリーンのCDをみんなに売りつける(押し売り?)営業担当に!(写真はCD購入後のコンサル塾1期生の清水君とマリーン)

 それにしても、これだけのイベントを企画し、本当に実現してしまう高田さんの情熱は驚嘆に値します。やはり、目的、目標を定め、それに向けて努力すれば夢は実現するんだということを体感した1日となりました。

[今週の出会い]

 福島から日本酒が届きました!会津の老舗蔵元・末廣酒造の大吟醸「玄宰」です。お正月に楽しみたいと思っています。
 10月に福島県内のJAの役員の方々を対象にした研修会に招かれ、講演をしてきました。そのお礼にとJA福島中央会が贈ってくれたものです。
 JAの皆さんから福島の農業の実態をうかがいました。原発事故の影響で、福島の農家は壊滅的な打撃を被っています。除染はまったく進んでおらず、風評被害もなくなりません。まったく希望が見出せない状況が続いています。
 すべての日本人は今だからこそもっともっと福島に目を向け、寄り添わなくてはいけません。福島の問題はけっして人ごとではありません。福島のために何ができるのかを私自身も考えてみたいと思っています。

[今週のシナ]

 絶好の散歩日和。ちょっと涼しいので、薄手の服を着て、シナは元気に歩いています。でも、シナの体にちょっと異変が・・・。来週、病院で診てもらうことになっていますが、ちょっと心配です・・・。