Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.44 TRIGGER2010

[2010-12-06]

 11月27日(土)に行われたTRIGGER2010というビジネスコンテストに審査委員として参加してきました。このコンテストは特定非営利活動法人スプリングウォーターが主催する、大学生を主な対象とする起業コンテストです。
 2004年に第1回が行われ、今年で7回目。観客も700名を超え、実に盛大に行われました。
 コンテストには200組以上の応募があり、1次審査、2次審査を勝ち上がった5組が今回の最終審査でプレゼンを行いました。各組の持ち時間は12分。その後、審査委員からの鋭い質問が飛び交いました。
 優勝賞金は起業資金として100万円。それ以外にも、オフィスを無償で借りられるなど様々な特典があります。今回からたとえ1位になっても、審査委員が納得できる内容でなければ100万円は授与しないというルールに変更されました。このコンテストは約20名の学生たちによって運営されているのですが、賞金授与に値する内容のチームが出ることを願っていたようです。賞金授与のチームが出ればやはり盛り上がりますし、このコンテスト自体の質の高さを表すことにもつながりますからね。

 審査委員は私を含め5人。私以外は、マクロミル会長兼社長の杉本哲哉さん、トレンダーズ社長の経沢香保子さん、マイクロソフト副社長の堂山昌司さん、そしてこのコンテストを主催するNPO法人代表理事の金田浩邦さんという錚々たるメンバーです。
 基調講演の講演者は今、乗りに乗る企業の代表例、グリー社長の田中良和さん。審査委員の打ち合わせがあったので、田中さんの講演をきくことはできませんでしたが、当日集まった学生たちには大いに刺激になったことでしょう。
 コンテストの結果は審査委員満場一致で、5組の内のあるチームに100万円を贈呈することとなりました。詳しい結果はTRIGGER2010のホームページで確認してください。ご時勢ですから、webを活用したビジネスモデルが多い中で、この優勝チームだけがもろリアルなものを対象にした提案でした。杉本さんとは「これおもろいね。コンテストなんかに出していないで、すぐやった方がいいよね!」と意気投合しました。
 ITはビジネスインフラとしてはもう当たり前のプラットフォームです。ITだけでユニークで、面白いビジネスモデルを考案するのはますます難しくなってきています。差がどこでつくかというと、実はアナログ的なリアルなところの質です。起業を目指している学生の皆さんには、是非そうしたところに目をつけてもらいたいと思っています。
 このコンテストは約20名の大学生によって運営されているのですが、皆さんきちっとした仕事ぶりで、大いに感心しました。お行儀がよすぎると思うくらい、躾やマナーはしっかりしています。金田さんの教育が行き届いている証拠でしょう。基本的な所作と実践する行動力、そしてそれを支える熱い思い。どんな時代になっても、この3つは不変です。
 審査委員として参加しましたが、私自身も大いに刺激を受けることのできた有意義な半日でした。

[今週の出会い]

 みずほ総研の企画で中堅・中小企業の経営者13名の方々と一緒に、旭川の旭山動物園を訪問してきました。企画の内容は、旭川で集合後、坂東元園長の話を伺った後、私が「未来のスケッチ」の内容にもとづいて講演。夜は懇親会で盛り上がった後、翌日朝から動物園を訪問し、様々な角度から動物園を楽しむというものです。「大人の社会見学」「大人の遠足」といった感じで、とても楽しいものでした。
 皆さんと別れた後、レンタカーで美瑛に行ってきました。美瑛は私の大好きなところで、圧倒される自然の美しさに浸りたい時に出向きます。中でも、通称「哲学の木」「クリスマスの木」と呼ばれる木々には必ず会いに行きます。北海道の大地にひとりですくっと立つ孤高の木を眺めているだけで、エネルギーをもらうことができます。

季節は初冬。「哲学の木」の葉はすべて落ち、枝だけが神経細胞のように空に向かって開いています。「俺はここにいるぞ」と静かに自己主張しています。

[今週のシナ]

 いつもは元気にピンと立っているシナの尻尾が、垂れ下がり、丸くお尻の方に入り込んだままになってしまいました。骨折(?)でもしたのかと病院に連れていき、レントゲンも撮ってもらいましたが、異常はなし。先生は「何か怖いものでも見たのかも。犬はお化けを見るというから」と言います。数日経ち、ショックから徐々に立ち直ってきたのか、少しずつ尻尾が上がるようになってきました。ピンと立った尻尾は、シナのトレードマーク!早く完全復活することを願っています。